コープ_送料

コープは毎週、注文した商品が配達される便利な食材宅配システムです。
でも、「今週は注文しない」という時があります。そんな時でも、コープは手数料がかかります。

コープを注文しない時の料金はどれくらいなのか、また、注文しない時に何か手続きが必要かどうかなどを詳しく解説します。

コープの配達はお休み可能!その際の手数料は?

コープは毎週配達されますが、お休みしても構いません。

  • 旅行や帰省をする
  • 家に食材がある
  • 今週は外食が多い
  • 家族がそろわず食材が不要
  • このようにさまざまな理由がありますが、どんな理由であっても注文しない週があるのはOKです。

    また、長期で不在(旅行、入院、実家で暮らすなど)の場合はカタログや注文書を止めることもできます。

    コープ(生協)は全国各地にありますが、配達にかかる手数料(送料)や注文しないときの料金は異なります。

    コープエリア

    例えばおうちコープは神奈川県、静岡県、山梨県がエリアです。
    コープデリは関東地方と長野県、新潟県がエリアです。それ以外にも全国各地にコープがあり、それぞれのコープ(生協)によって手数料が設定されています。

    コープ名 配達料・手数料 注文しないときの手数料
    おうちコープ   1回の利用金額が
    1,500円未満(税抜き)の手数料165円(税込み)
    1,500円(税抜き)以上の手数料は110円(税込み)
    1回の利用が14,000円以上で0円
    (※1:子育て世帯やシニア世帯には手数料割引きあり)  
    165円(税込み)  
    コープデリ
    東京・千葉・埼玉・茨城
    基本手数料80円(税込み88円)+配達手数料100円(税込み)110円の合計180円(税込み198円)
    (1回の注文が6,000円以上の場合は手数料無料  
    基本手数料88円(税込み)のみ  
    コープデリ 栃木   基本手数料110円(税込み)+配達手数料110円(税込み)の合計220円(税込み)が必要
    1回の注文が12,000円(税別)の場合は手数料無料  
    基本手数料110円(税込み)のみ
    コープデリ 群馬   基本手数料税込み110円+配達手数料税込み110円の合計税込み220円が必要
    1回の注文が11,000円以上(税別)の場合は手数料は無料
      
    基本手数料110円(税込み)のみ  
    おおさかパルコープ 注文金額が
    6,999円まで……209円(税込み)
    7,000円以上~14,000円未満……154円(税込み)
    14,000円以上……104円(税込み)
    (※2:子育て世帯やシニア世帯は手数料割引きあり)  
    104円(税込み)  

    ※1:おうちコープの子育て割・シニア割引き制度
    (妊娠中(母子手帳発行)や3歳未満のお子様をお持ちの方は手数料無料)
    (3歳以上~7歳未満のお子様がいるご家庭は利用金額5,000円以上で無料)
    おうちコープのほほえみ割
    65歳以上だけの世帯・夫婦どちらかが65歳以上の世帯や障害をお持ちの方がいる世帯は手数料が50円(税込み55円)~150円(税込み165円)

    ※2:おおさかパルコープの子育て世帯・シニア世帯割引き制度
    ・赤ちゃんサポート……母子手帳交付からお子様の1歳誕生日月の翌月末まで0円 注文しないときも0円)
    ・子育てサポート……満6歳になり小学校入学前の3月最終配送回まで 注文しないとき 0円 配達時 半額
    ・福祉サポート……組合員本人または配偶者が満65歳以上
    または本人または同居の家族が障害者手帳の交付を受けている場合 注文しないとき 0円 配達時 半額

    コープとネットスーパーの配達料を比較

    ネットスーパーの配達料はエリア(配達先までの距離など)で異なりますが、イオンやイトーヨーカドーは300円前後になっています。

    ネットスーパーは注文時だけ配達料がかかるので、注文しないときは配達料は0円になります。

    ただ、ネットスーパーは全国のどこでも利用できるというわけではありません。地方によっては利用できないことがあります。
    そういった点でもコープ(生協)は便利だと言えますね。

    コープの配達料をめぐる声

    コープ(生協)の配達料や手数料は子育て世帯は割引きなどのサービスがあるため、利用する人が多いようですね。

    ネットでもコープの配達料をめぐる声がたくさんあるので、一部をご紹介します。

    産後や小さなお子さんがいて買い物に出かけるのが大変なご家庭では、コープの手数料が無料になっているところが多いので活用するといいですね。

    ネットスーパーが使えるエリアにお住まいの方で、小さい子どもさんがいるご家庭なら送料がお得なのでいいかも知れませんね

    コープの注文忘れであわてることも!

    家に食材がたくさんあると「今週はお休み」にしてもOKですが、「必要なものをコープで買いたい」と思っていて注文を忘れるということもあります。

    そんなドジをするのは私だけかと思ったら、ほかにもそういう人が結構おられるんですね。

    このように「注文を忘れて家に食材がない!」と慌てることのないように、注文締め切り日までに注文を完了するようにしましょう。

    牛乳や卵などよく使う食材は「毎週自動で配達」などに登録しておくと忘れることがないので、おすすめです。

    また、多くのコープでは配達の1週間前が注文締め切り日になっていることが多いようです。早めに食材をチェックして、忘れないように注文しましょう。

    コープ(生協)の手数料~注文しないときのまとめ

    コープ(生協)の手数料(配達料)は各地のコープによって異なりますが、注文しない時も100円前後の手数料がかかります。
    これは注文のシステム管理費や人件費などに充てられると考えられます。

    無理に注文しなくても、必要がないときはお休みも可能です。長期間配達を止めたいときは休止の手続きも可能なので、それぞれのコープで聞いてみましょう。

    コープは一般の通販よりも送料が格段に安い上に取り扱い品が多い、留守でも玄関先に専用BOXで置いてくれるなどメリットがたくさんあります。

    上手に活用してみましょう。

    おすすめの記事